ホーム > 購入までの道のり > 自転車の臭い対策

自転車の臭い対策

夏場など大量の汗をかいて放置したヘルメットの臭いは酷いものです。
冬でも自分の臭いにイヤになってきます。

パットとか外せる部分は水洗いして、後は天日干しでファブリーズしてみましたが、それでも臭いで、アゴ紐とか染み込んでいる感じです。

自分でも臭いのですから、周りは迷惑なのだろうと心配になります。グローブやウェア、シューズなど全て汗が染みこんで臭いのもとになっているのでしょうね。

通勤の時は、会社で下着とか変えるのですが、シャワーはないので頭とか匂ってないか心配になります。

普段走るときも休憩するコンビニやお店で汗が悪臭になって迷惑かけてそうです。仲間と走った時も午後になると悪臭の集団って感じです。

それで、色々と調べたり試したりしたのですが、消臭下着が効くようです。でも下着だけですとヘルメットやグルーブの臭いを防げないのですが、ヘルメット自体に消臭効果をもたせてしまうのです。

臭いの原因となる雑菌の出す腐敗臭を分解するイオンの消臭スプレーを使うことで消臭下着と同じような効果が得られるものです。

↓臭わないヘルメットにする消臭スプレー

服とかグローブとか汗が染みこむもの全てを消臭しちゃいます。

これで、ほとんどの場合は臭わなくなると思いますが、もともと加齢臭があるとか、臭いがきつい場合には、ニオイの気になる場所にデオドラントジェルを塗れば完璧ではないでしょうか。

入浴できない登山でも使用しているそうですが、天然成分でできていて日焼けした肌にも心地いいです。ワキガだって消臭できるからこれでバッチリでしょう!

デオドラントジェルの詳細へ

どちらの商品も無臭無香料などが嬉しいですね。