ホーム > 購入までの道のり > スポーツサイクルの種類

スポーツサイクルの種類

町中を快適に乗れる自転車で探し始めたのですが、思った以上にスポーツサイクルの種類が多いことに少しびっくりです。

特殊なものを除いても、「ロードバイク」「フラットバーロード」「クロスバイク」「小径、折りたたみ」「マウンテンバイク」など色々な物が売られています。

ロードバイク
より早く走るための自転車で舗装路専用となり悪路は走れません。街中を走る自転車で一番早く本格的なレース用から入門用まで様々な種類があります。

フラットバーロード
ロードバイクのドロップハンドルをフラットバーにすることで、楽なポジションとしたバイク。よりロードに近いクロスバイクとも言えるが、明確な定義が在る訳ではないようです。

クロスバイク
マウンテンバイクにロード用のスリックタイヤをはかせたのが始まりと言われているようですが、MTBの扱いやすさとロードバイクの快適性をもったスポーツサイクルです。

ミニベロ
フランス語で自転車のことをVELOと言いますので、小さい自転車のことをミニベロと呼びます。折りたたみも小径ならミニベロに含まれるのですが、フォールディングバイクとして区別しているようです。タイヤ径が小さいためこぎ出しが軽く、都心で気軽に乗るのに適します。なかには本格的なロードに近い上級車もあります。

折りたたみ
折りたためる自転車のことで、小径のものをフォールディングバイクと呼ぶそうです。

マウンテンバイク(MTB)
街中から悪路まで自由に走れて用途もとても広く、初めてスポーツサイクルに乗る人にお勧めです。ホームセンターなどで安価にも売られていますが、スポーツサイクルショップで売られている自転車とは別物と考えた方がいいです。

量販店とスポーツサイクルショップで、一見同じような自転車を置いていますが、価格的には数万円の違いでも内容的には思った以上に違いますから、専門店で買われることをおすすめします。